総務省ICTふるさと元気事業「とくったー」

事業概要

「とくったー」とは

  主催 趣旨 特色 目的 参加者数

主催

「とくったー −地域商店街の横丁機能を基盤にしたスマートフォン高齢者見守りシステムと人材育成プログラム開発」は、総務省平成22年度ICTふるさと元気事業として実施されているもので、NPO法人徳島インターネット市民塾が提案しました。

趣旨

「スマートフォン( iPhone:アイフォーン)」※1とツイッター※2など先端ICTを活用したコミュニケーション型の高齢者見守りを行うことで、一人暮らしの高齢者を見守り、地域社会とのコミュニケーション、ネットワーク化を促進します。同時に、徳島県、徳島市中心市街地商店街の活性化と楽しく元気で活力あるまちづくり、高齢者にやさしく、住み良いまちづくりを目指します。

※1 スマートフォンとは:通常の携帯電話の機能のほかに、本格的なネットワーク機能や個人情報の管理など、多種多様な機能を持つ携帯端末です。代表的なものとしてiPhone(アイフォーン)があります
※2 ツイッターとは:Twitter社が2006年に開始したミニブログサービスです

特色


学生チーム「make.app」の開発会議風景

徳島大学地域創生センターと学生チームの協力のもと、見守り専用のiPhoneアプリ「とくったー」を開発し、先端モバイルメディア「スマートフォン( iPhone)」を用いて行います。

目的

ICT活用による高齢者の見守り
  • ICT活用で独居高齢者(ふたりぼっち高齢者)の孤立化の防除
  • 横丁的で楽しい高齢者見守りコミュニケーションの促進
  • 地域見守りネットワークの構築と拡大
  • 情報発信し、人と人がしっかりつながる徳島づくり
  • 高齢社会の見守り拠点としての商店街の再生(空き店舗活用)
ICT活用による地域力の向上
  • ソーシャルメディアの活用 (ツイッター)
  • 次世代モバイルメディアの導入(スマートフォン)
  • 高齢者にも使えるソフトを開発(徳大・地域創生センター)
  • 学習講座を開き、学ぶ住民、アイデア創出型の地域育成
  • 取り組みをソーシャルビジネス化し、地域持続、自立化を促す
  • これらを「とくしまブログ村」活動としてモデル化する

参加者数

見守られ隊:28名
  • 男性: 9名
  • 女性:19名
  • 最高年齢:80歳
見守り隊:60名
  • 男性:25名
  • 女性:35名
  • 最低年齢:20歳
平成24年1月4日現在